金属で3dプリントが可能になったのをご存知ですか

2014年に3dプリントの技術の一つSLS方式(SelectiveLaserSintering)の特許が期限切れとなり、以降、金属を使った3dプリントが今飛躍的な進歩を遂げています。SLS方式は粉末状の素材をレーザーで焼き固め物体を作る技術です。世界中で今その開発競争が激化し廉価版や新型の開発が進んでいます。3dプリンターと言えばドイツが先進国として有名ですが、日本でも各社がしのぎを削って新製品の制作に乗り出しています。経済通産省でもこの分野に注目しておりベンチャー企業への出資や税制優遇などの支援策に積極的に乗り出しています。人間の進化にとっても革命的な未来性のある技術ですが、いったいどんなものなのか、メリットやデメリットは何か、その基本から押さえておきましょう。

金属の3dプリントのしくみを知ろう

大きく分けて2種類の方法があります。第一の方法は、粉末状の金属を敷き詰め、レーザーなどを照射することよって結合し、それを積み重ねていくことで三次元の物体にする方法です。近年ではレーザーの代わりに電子ビームやアーク溶接という手法が開発されてきています。第二の方法は、バインダージェット方式で、ステンレス鋼、青銅やタングステンなどのパウダーをバインダーの噴射によって結合させ、加熱して焼結する仕組みです。最近ドイツのグルーブがこの第2の方法をつかった画期的な3dプリンターを発表して注目を集めました。3dプリンターは通常多品種小ロット生産が得意とされますが、このグループでは2次元のスクリーンプリントを応用した「3dスクリーンプリント技術」の開発で、これまで難しかった大量生産を可能にしたのです。今後も様々な技術が開発されることが予想され、さらに安価で新しい機能を持ったプリンターが出てくることでしょう。

メリットとデメリットについて知ろう

デメリットの最も大きなものは何といっても価格が高額だということです。プリンター本体の価格もさることながら、素材が現時点では高額なのが問題です。現状では導入でメリットを得られるのは大企業がメインとなるでしょう。しかしながら開発競争の激化に伴い、これまで難しかった中空製品の製作や、ピッチの精度が上がってきたことによる表面の滑らかさの実現など、機能面での改善のスピードはすさまじく、今後はさらに安価で手軽な製品が開発されることが予想され、大企業に限らず利用の範囲は広がっていくでしょう。まだ素材に関しても、アルミニウム・ステンレス・銅・チタンから特殊鋼まで幅広く扱えるようになってきているため価格の低下が期待でき、中小企業への導入の可能性が広がるでしょう。

注型や鋳造、切削など併用し、そのまま機能評価試験に使用可能な「試験モデル」を納めることが可能です。 プロフェッショナルたちによる3Dプリンターの販売やレンタルを行っております。 3Dプリントを活用することで実現する物流を支援します。 東急田園都市線 梶が谷駅より徒歩7分。駐車スペースもございます。 3Dプリンターの実績事例も紹介していますのでぜひサイトをご覧ください。 【ソライズプロダクツ】は金属3Dプリント業界25年以上の実績があります!