夢が広がる金属での3dプリント

3dプリントの技術によって産業界は大きく変わろうとしています。金属が3dプリント出来るようになったことで、モノ作りが大きく変わることになってきているのです。これまでのモノ作りでは加工、組み立てというのが当たり前でした。これは金属の加工が難しいので、簡単な加工をして、組み上げてモノ作りをするしかできなかったからです。ですが、3dプリントではいきなり作りたいものをつくることが出来るので、加工も組み立ても要らないという、全く新しいモノ作りが出来るわけです。これによって工業は大きく変わることも期待されています。加工も組み立ても要らないということは、それまでの熟練工に頼ったモノ作りをする必要もなくなります。そのため、誰でもモノ作りが出来ることにもなるのです。

3dプリンターは難しいものを簡単に出来る

モノ作りというのは従来とても難しいものでした。ですから、加工に始まり組み立てなど各工程が出来て、それぞれに熟練工がいて、職人技を発揮してモノ作りをしてきたわけです。ですが、3dのプリンターが登場したことでこれが大きく変わることになりました。ボタン一つ押せば後は自動的にモノ作りをしてくれるわけですから、これ以上に簡単な製造方法はありません。同じものを同じ精度で作ることが出来るので、まさに産業革命以来の発明と言われても不思議はありません。概念的にはどんな形状も作れるわけで、加工も組み立てもすっ飛ばして目的の物を一発で作れるというのは大きな意味を持つことになります。従来なら加工精度、組み立て精度なども考慮が必要だったのですが、それもなくしてモノ作りが出来てしまうのです。

データさえあれば誰でもモノ作りが出来る

3dプリンターはデータさえあれば誰でもモノ作りが出来るのが大きなメリットです。これまで熟練工に頼ったモノ作りをしなくてもいいので、その用途は飛躍的に大きくなるでしょう。精度も安定しているので、産業用としても向いているといえます。もちろん趣味などでも使えますが、これが最も大きな意味を持つのは産業用といってもいいでしょう。金属が使えるようになったきたことで、ますます使い道は広がっていることになります。目的の物をボタン一つで誰でも作れるので、試験用の部品や道具を作るにも向いていますし、データの変更ですぐに同じようなものを造ることも出来るので、多品種の生産にも向いています。誰でも扱えるということで、誰もがモノ作りが出来るという大きなメリットもあり、これが社会に及ぼす影響は計り知れないものがあるともいえます。